設定方法・デモ:担当者・会社情報を1アプリで管理の場合

導入方法・使い方のトップへ戻る


本ページでは、アプリ構成が「担当者・会社情報を1アプリで管理」の場合の、プラグインの設定方法、設定後のデモについて説明します。

事前設定、準備すべき情報

トライアル・または本申し込みでご連絡の、kintoneサブドメインの環境へプラグインをインストールした状態で、本ページを読み進めてください。
また、連携先のSansan環境のAPIを取得しておいてください。

事前にアプリへ追加しておくべき必須フィールド

本プラグインでは、通常の担当者情報・会社情報を管理するためのフィールドに加えて、
Sansanのデータと、kitoneのデータを常時連携するために、プラグイン用に必要なフィールドがあります。

以下の必須フィールドと、フィールドのマッピングの情報を参考に、
プラグインの設定作業に進む前に、対象のアプリ(担当者・会社情報の両方を管理するアプリ)に、必要なフィールドを追加してください。

  • 検索ボタンのためのスペース型フィールド[必須]

    レコード詳細ページ編集画面に、Sansanのデータをベースにデータ挿入・値の更新をするためのボタンを設置するフィールド。 以下の赤枠のように表示されることになります。

    以下を参考に設置してください。

    プラグイン設定画面では、以下の箇所で設定します。

  • 人物ID[必須]

    kintoneアプリの担当者情報と、Sansanの人物情報を紐付ける上で、キーとなる情報。
    テキスト型で作成ください。

その他の設定可能なフィールドについては、以下の「kintoneとSansanのフィールドのマッピング資料」と「設定可能なフィールドの一覧表」を確認ください。

kintoneとSansanのフィールドのマッピング資料


画像クリックで、拡大いただけます。

Sansan with kintoneの設定画面で設定が可能なフィールドの一覧(PDFファイル)


画像クリックで、拡大いただけます。

もし、取り込みたいデータがあって、kintoneアプリ内に格納先フィールドがない場合は、設定をスムースに進めるために
このタイミングで追加されることをおすすめします。

事前準備は以上です。プラグインの設定を進めてください。


プラグイン設定

1. アプリへのプラグインの追加

以下の手順で、対象のアプリへプラグインを追加してください。
※kintone環境への追加は、kintoneヘルプの「システム管理にプラグインを追加する」を参照ください。

2. プラグインの設定

以下のスライドの手順で、プラグインの設定を完了してください。

参考(再掲):
kintoneフィールドと、Sansanデータとのマッピング
Sansan with kintoneの設定画面で設定が可能なフィールドの一覧(PDFファイル)

プラグインの設定は、以上で完了です。動作を確認してみましょう。


プラグインの機能について

プラグインの設定が正常に完了していれば、対象のアプリの一覧画面、詳細画面にそれぞれ、ボタンが表示されていることを確認いただけます。

各機能の詳細については、以下のスライドを参照ください。

主要機能の概要は以下の通りです。

1. Sansanのデータを、kintoneへ一括新規登録/一括更新/一括登録&更新

2. メールアドレスをキーにして、kintoneのデータを、Sansanのデータと一括紐付け

3. kintoneのデータを会社単位で1件ずつ、Sansanのデータと紐付け/更新


導入方法・使い方のトップへ戻る